HOME > お知らせ > 新型ロボットスーツ「腰補助モデル」を初公開:新潟県

新型ロボットスーツ「腰補助モデル」を初公開:新潟県

新潟県ではこの度、介護分野の課題解決と併せて、市場の拡大が期待される福祉・介護用ロボット分野への県内企業の参入促進を図るため、「新潟県ロボットスーツ研究会」が設立されました。第1回研究会への参加者は100名を超え、介護職員の負担軽減を目的とするロボットスーツ「腰補助モデル」が初公開されました。
今後、病院・介護施設等での実証試験や関連製品等の開発支援に取り組み、県内企業の成長分野への参入促進やロボットスーツ関連産業の拠点形成に向けた取り組みが推進されます。

◆ 掲載Web:新潟県庁
◆ 掲載日:2012年4月3日
◆ タイトル:ロボットスーツHAL開発者山海嘉之氏が泉田知事を表敬訪問、新型ロボットスーツ「腰補助モデル」を初公開
◆ URL:http://www.pref.niigata.lg.jp/sangyoshinko/1333314028696.html

関連リンク

関連PDF

記事一覧へ このページの上へ

お知らせ