HOME > 研究活動

研究活動

本研究プログラムにおける中心研究者(山海嘉之)が『サイバニクス』技術を駆使した
最先端人支援技術研究を推進する上で必要な研究テーマを
それぞれの分野の先生に加わっていただき、推進しています。

生理指標・認知神経基盤に基づく下肢動作・歩行支援制御法に関する研究 上肢・下肢の運動支援機器および操作インタフェース 人の歩行モデルの構築 慢性期脊髄損傷に対する自家嗅粘膜移植 日常生活支援を目的としたHALの実用化 HALを用いたリハビリテーションが脳機能へ与える効果の検討 次世代ニューロリハビリテーションの臨床応用
在宅健康管理のためのバイタルセンシング技術と 情報支援システム HAL装着による運動機能改善効果・動作感覚の評価 動作分析評価技術の身体的リハビリテーション関連動作への応用  ヒト動作の生理学/運動学/動力学的解析に基づくHAL制御法の開発 不完全/完全脊髄損傷患者への適用を目指したロボットスーツHALの開発と歩行支援 中枢神経再生のための基礎研究 MRI

ポスター

生理・行動・運動データの分析を可能とする情報管理システムの研究開発

中枢神経再生のための基礎研究

Multifunctional chitosan implants for controllable protein release

動作意思推定機能を有するHALによる重度脊髄損傷患者のための歩行支援

MRI対応 感覚刺激装置/下肢動作提示装置の開発

HALを用いたリハビリテーションにおける脳機能の変化

下肢運動中の脳活動を機能的MR(functional MRI;fMRI) によって捉える試み

ロボットスーツ(Hybrit Assistive Limb)による次世代ニューロリハビリテーションの臨床応用

装着型教示装置による鍵盤楽器演奏能力向上効果

生理指標・認知神経基盤に基づく下肢動作・歩行支援制御法に関する研究

HAL装着者の起立時における脳血流への影響

HALのある家

自家嗅粘膜移植による損傷脊髄機能再生法の開発

生体運動制御系のメカニズムと設計原理の解明とその展開

神経再生を刺激するための新規多機能素材の組み立て

動作意思推定機能を有するHALによる完全脊髄損傷患者のための歩行支援

Hybrid Assistive Limb (HAL) を利用したリハビリテーションの実施可能性

HAL利用者に対するQOL評価法の開発と健康管理支援

自家嗅粘膜移植による損傷脊髄機能再生法の開発

生体運動制御系のメカニズムの設計原理の解明とその展開

筋力低下患者への食事支援システム(EMAS II)の研究開発

頭部・眼球動作指標に基づく下肢動作・歩行支援制御法

筑波大学研究成果発表フォーラム1:身体能力支援・増幅

筑波大学研究成果発表フォーラム2:生体情報解析・制御

COMPARISON OF DIFFUSION TENSOR IMAGINGDERIVED FRACTIONAL ANISOTROPY AT 1.5T IN MULTIPLE CENTERS

Aging changes T2 relaxation time in the corticospinal tract

Walking Support with Robot Suit HAL Based on Center of Ground Reaction Forces for Spinal Cord Injury Patients

ZMP-Based Posture Control of Robot Suit HAL in Standing-up Motion Support

ロボットスーツ HAL

Medicare System

Working Posture Control of Robot Suit HAL for Reducing Structural Stress

Analysis of Pre‐thrombus Blood with Development of Photon and Red Blood Cell Simulator and in‐vitro model

Measurement of Brain Activity Using Optical and Electrical Method

Reconfigurable Structured Robot Suit HAL

Exo-Spine and Shoulders for Robot Suit HAL

Intention-based Walking Support for Complete Paraplegic Patients with Robot Suit HAL

Development of small automatic cell culture system focusing on small groups of cell

非侵襲型ブレインマシンインタフェースの研究開発

  • メディア
  • 新聞・雑誌・書籍などへの掲載や、テレビ・ラジオの出演の情報をまとめて掲載しています。最新の研究活動の内容は、こちらをご覧下さい。
  • イベント
  • 最先端プログラム主催のイベントや、山海嘉之教授が登壇する講演会・イベント・デモンストレーション情報などを掲載しています。先生やロボットスーツHALと直接ふれあう事のできる機会に関してこちらに掲載しておりますので、ご活用下さい。

プログラム概要

「内閣府 最先端研究開発支援プログラム」略してFIRST(ファースト)プログラムは、3〜5年で世界のトップを目指した先端的研究を推進し、中長期的な日本の国際競争力や技術の強化を図ったプログラムです。本プログラムは、出口を明確に設定することで、その成果を確実に国民及び社会へ還元する事の出来る支援制度となっています。2009年9月に開催された第84回総合科学技術会議にて選抜された30課題に、筑波大学大学院 システム情報系 教授 山海嘉之(さんかいよしゆき)を中心研究者とする「健康長寿社会を支える最先端人支援技術研究プログラム」は採択されました。

内閣府へのリンク: http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/about.html
JSPSへのリンク: http://www.jsps.go.jp/j-first/index.html

研究紹介

 「健康長寿社会を支える最先端人支援技術研究プログラム」では、筑波大学に拠点を置き、山海嘉之教授(大学院システム情報系)を中心研究者として研究を推進しています。 最先端サイバニクス研究拠点(CCR)では「健康長寿社会」を「人々が自立して相互に助け合う超高齢自立社会モデル」と位置づけ、サイバニクス技術を駆使し、人間を生理的・物理的・認知的に支援することで、活力ある健康長寿自立社会の創造を目指します。 高齢者においては「日常生活・行動における動作支援」、「生活・行動の見守り支援」を、障がい者においては「自立支援器機による生活・運動支援」を、さらには、介護やレスキュー現場等での「重作業支援」の実現に挑戦しています。 本拠点では、医工連携、他大学との連携にとどまらず、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、アメリカ政府との連携、民間企業との連携により活動を加速し、さらに、生理的/身体的/社会的な支援を統合的に実現した「人支援技術産業」という新産業創出の点でも社会に貢献していきます。


『ROBOT SUIT』、『ロボットスーツ』、『ROBOT SUIT HAL』、『ロボットスーツHAL』、『HAL』、 『Hybrid Assistive Limb』は、登録商標です。
Copyright © 2010 Center for Cybernics Research & University of Tsukuba All rights reserved.


研究実績

  • 研究実績
  • 論文発表や受賞歴などはこちらをご覧下さい。
  • 公開データ
  • 最先端プログラムの公開データはこちらをご覧下さい。

リーフレット

最先端サイバニクス研究拠点 リーフレットがこちらからダウンロードできます。郵送ご希望の方はお問い合わせください。


このページの上へ

研究活動